<< 始まる.... | main | OSA CREW >>
WAXPOETICS JAPAN No.8
 ど〜も小林で〜す

昨日のブログでエビスビーツa.k.aあきら君がポスターを
持っていた『WAXPOETICS JAPAN』の最新号
が事務所に届きました〜!

早速ポスターを社長がREMIX!!



命日に間に合わせてのR.I.P仕様らしいです。
ハラQ社長曰く『今回はシャレオツやろ☆』(笑)
COCOLOROOMにあるので是非みにきてください。
(明日の祝日は営業してますよ〜)

とにかくWAXPOETICS といえば他では読めない貴重なインタビューと
レアな写真を盛り込んだ特集ページ!
僕にとっては『ぶっちゃけ、興味なかったわ〜』みたいなミュージシャンでも
インタビューを読んだ後には『ちょっとアルバム聞いてみよかな?』
と自分の興味を広げてくれる貴重な音楽雑誌です。


最新号はなぜか表紙が2種類!

最近、寝る前に少しずつ読んでいるんですが、最新号の特集は、今は亡きJ DILLA。
彼と関わりのあったミュージシャンが彼との思い出を語っています。
とにかくこのJ DILLAと彼の作る音楽は沢山のミュージシャンから愛されて
いるんですね。(特にQ−TIPとクエストラブの惚れ込みようはスゴい)

そしてPUBLIC ENEMYのサウンドを支えたボムスクワッド。
全盛期を振り返った特集ではとにかく写真が若くてかっこいいです、
エディーマーフィーとの意外な繋がりなんかも語られてます。
その他には、まだ読めてないんですが実は全然知らない
『ROGER』の特集があったりと、、今回も内容濃いめで〜す。
普段は普通に聞いていた音楽でもミュージシャンの人物像を知ってから聞き直すと
また違った聞き方ができそうですね〜

そういった意味で音楽を聞く前の予習になったり、聞いたあとの復習になったり
とブラックミュージック初心者から上級者まで楽しませてくれる
『WAXPOETICS JAPAN』はJ DILLAの命日、本日発売で〜す!
もちろんCOCOLO Bland唯一の広告もお見逃し無く!!
気になる今回はモデルは、、、


勝手に日本一毛皮と缶ビールの似合うベーシストに認定!
韻シストからSHYOU選手の登場〜
実際の広告は『WAXPOETICS JAPAN』をごらんあ〜れ。




今日の1枚

The Pharcyde/RUNNIN'



とりあえずJ DILLAのビートをこの1枚で知った人が多いハズ。

2枚目のアルバム『Labcabincalifornia』からのシングルカット〜。

The Pharcydeとの相性もばっちりで、当時は『サンプリングで

こんなキレイな曲作れるんや〜』と関心したものです。

この2枚目のアルバムで使われなかったビートはJ DILLAの弟ILLA J

のおととし出たアルバムに使われているそうですよ〜。




| Buddy |
top  top top top top top
★ COCOLOBLAND LINKS ★

youtube
soundcloud
★ INFORMATION ★
★ EVENT INFORMATION ★

★ TOPICS ★
★ CATEGORIES ★
★ ARCHIVES ★